ブログトップ

白線文庫

hakusen.exblog.jp

エクリの本

エクリの本をはじめて手に取ったとき、本が語りかけてくるようだと思った。

一年に一冊、愛情を込めて作られた本は、ゆっくりていねいに刊行されています。エクリ、「書く」という意味の名の小さな出版社。本の造作も美しい。そして中には美しい言葉と共に、画や写真もふんだんに盛り込まれています。ゆっくりじっくり味わいたい。エクリの本にはなぜか、これからの秋や冬の季節がよく似合う気がします。ひとり灯のもとに文を広げて、見ぬ世の人を友とする。秋の夜長に、冬の寒い日の家で過ごす休日に。詩画集、挿絵の入った物語、絵本。お気に入りの一冊を見つけてください。プレゼントにもおすすめです。

ecrit

d0156150_17113313.jpg




















新刊の取り扱い、少しずつ増えてきました。
次回またもう一冊、ご紹介いたします。
[PR]
by hakusenbunko | 2011-10-06 17:09 | ご紹介
<< 10月の休業日のお知らせ お知らせ >>