ブログトップ

白線文庫

hakusen.exblog.jp

イベントのご紹介を

白線文庫ではなくご近所で、
夫の企画したイベントがもうすぐ始まります。
少しご紹介させてください。

今週の土曜から4日間、SHOZO ROOMSにて「山陰 FOLK ART CRAFT × SHOZO」が開催されます。山陰とは鳥取島根のこと。東日本に住んでる方々からはどこにあるのかわからない県の代表のようなところでしょうか。中国地方の日本海側、中国山脈の北側に位置するから山陰。読んで字のごとく山の陰なのです。「陰」なんてネーミングは暗い、と物議を醸したこともあるようですが、私はこの山陰という言葉のつつましさがとても気に入っています。さて、どうしてここ栃木で山陰イベントなのか。山陰は私の生まれ育ったところです。島根で生まれて鳥取で育ちました。夫の実家は大阪なのですが、結婚してから里帰りで何度も一緒に鳥取へ足を運ぶうちに山陰の豊かな風土と今も息づくていねいな手仕事にとても魅力を感じたそうです。私の母が絣(かすり、伝統的な織物のひとつ。)を織っているということもあり、民芸に触れる機会も多かったように思います。山陰には窯元もたくさんあり、すてきな焼き物もたくさんあります。海も山も川もきれいで、食べ物もおいしい。魚なんて最高です。そんな山陰を紹介できるイベントをSHOZOでやりたいんだと、ずっと前から聞かされてきました。故郷である山陰の紹介をするなんてとても嬉しいけれど、どこに相談すればそんなイベントができるのだろう。と、何年か思いをくすぶらせていたのですが、前回の帰省のおりに山陰の民芸を扱うCOCOROSTOREの田中さんと知り合うことができ、その後は今回のイベントの企画がトントン拍子に進んで行ったという、そんな顛末です。

夫にとっては初めての試み。どんなイベントになるのやら。お越しくださった方が山陰に行ってみたい!と思ってくださるようなイベントにしていただきたいものです。(まぁ、私も設営は手伝うのですが…。がんばります!)今回は山陰の民芸のご紹介、展示販売のイベントなのですが、民芸でも現代の暮らしに取り入れやすいものを中心にCOCOROSTOREさんに持ってきていただくとのこと。ていねいな手仕事で作られたものは使いながら育てていくことができると思います。普段の暮らしで使うものこそいいものを持ちたいと年を重ねるごとに思うようになりました。そして6日と7日の2日間は、大山(山の名、ダイセンと読みます。)のふもとの大好きなパン屋さん「コウボパン小さじいち」からおいしいパンも届きます。楽しみ!みなさんの山陰とのいい出逢いのお手伝いになればと思います。ぜひ週末はSHOZOROOMSへ。白線文庫は通常営業中、こちらもついでにお寄りくださいね。


山陰 FOLK ART CRAFT × SHOZO
2012年10月6日(土)〜9日(火)
@SHOZO ROOMS 内 ギャラリースペース
12:00-20:00(最終日17:00まで)



d0156150_1832790.png

右が鳥取、左が島根。
[PR]
by hakusenbunko | 2012-09-30 17:31 | ご紹介
<< お知らせ 営業時間のお知らせ >>