ブログトップ

白線文庫

hakusen.exblog.jp

カテゴリ:イベント( 17 )

ONE DAY - SAN IN !

d0156150_1426543.jpg

d0156150_13553438.jpg


急なおしらせですが(急に思いついたので)
明日、2月16日(土)の一日だけ、
白線文庫旧入り口にて山陰(鳥取・島根)の器を販売いたします。

地元、鳥取県は倉吉市にあるcocorostoreさんから
譲っていただいた、山陰の窯元の器です。
気軽に普段使いができていつものごはんが少しおいしく
楽しくなるような、私たちの使いたい器を選んでみました。

白線文庫の営業時間に合わせて一日だけの開店です。
ぜひお立ち寄りください!
[PR]
by hakusenbunko | 2013-02-15 14:08 | イベント

ガレージセールやってます。

那須ガレージセールめぐり参加企画ということで、今日と明日とSHOZO周りでガレージセールをしています。白線文庫も特価本を集めて参加させていただいてます。昼間はお天気もよくたくさんのお客さんにお越しいただきました。明日(7/2)もやってます。おいしいタイカレーやサラダうどんも食べられますよ。TANZENのピザも!お待ちしています。
[PR]
by hakusenbunko | 2012-07-01 18:26 | イベント

満員御礼

小島洋品店と言う名の、たんすのこやしセール。好評のうちに終了しました。マチカドマーケットに便乗させていただいた形で、たくさんの方に楽しんでいただけたようでした。すべて私か夫の所有物の出品でしたので、購入くださったお客さまと商品についてお話できたのも楽しかったです。大事にします!とおっしゃってくださったり。使わないのに、気に入ってるからとため込んでしまっていたものたちが大事に使ってくださる方の元に旅立っていきました。やってよかった。そして有難いことにまたやって欲しいという声もちらほら。今回で我が家の押入れは随分すっきりしましたので、次回は先になりそうですが、またいつか開きたいと思います。
[PR]
by hakusenbunko | 2011-11-21 18:51 | イベント

懐かしい未来

懐かしい未来、という言葉を聞いてまず思い出したこと。引用の引用なんだけれど、長田弘さんが本の中で言っていた、赤毛のアンの言葉。
「ぼくがうまく言っているなあと思ったのは、なぜ庭とか果樹園とか小川とか森がすばらしいかというとき、一つ一つのものではなくて全部で『大きな、なつかしい世界』をつくっているからだとアンが言うところです。もしかすると二十世紀はそれをずいぶん失ってきたのかもしれない。」
この言葉を思い出しました。今、二十一世紀になって、『大きな、なつかしい世界』を取り戻すために、色んなことが少しずつ変わってきている気がしています。懐かしい未来に向かって。

『ラダック 懐かしい未来』の作者である、ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ監督の映画『幸せの経済学』の上映会が行われます。

d0156150_13263213.jpg


映画『幸せの経済学』 上映会とトークショー
ゲスト 辻信一(文化人類学者)
2011年7月10日(日)
開場13:30 上映14:00 トーク15:30
上映場所:SHOZO音楽室
チケット(飲み物付):前売り2000円・当日2500円

白線文庫は会場にてmurmur magazineの販売をさせていただきます。
なぜmurmur magazineなのかというと。最新号の12号の特集は「ひとも自然もしあわせになる 今を生きるための知恵」と題しまして、その中に今回のゲストである、辻信一さんのインタビューが載っているのです。そして、来月発売予定の13号には、ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ監督のインタビューが掲載されます。惜しいことに13号の発売は上映会にはほんの数日、間に合わないようですが、ご希望の方にはご予約、あるいは今回のみ発送もお受けいたします。
ぜひ、みなさまお近くの方とお誘いあわせの上、お越しください。

映画『幸せの経済学』のこと
[PR]
by hakusenbunko | 2011-06-29 17:29 | イベント

もうすぐ、女子の古本市

来週神戸で開催される、「女子の古本屋による女子の古本市」のために、昨日、本を2箱送りました。何しろ古本市に参加するのは今回が初めてで、100冊近い本をダンボールに詰めて送るのも初めて。本と一緒にディスプレイ用に木箱や本立ても送ったのだけど、そうなると梱包が難しい。大事な本なので、傷んだりしないようにと思いながら、パズルをはめていくような感じで、むむむと考えながら箱詰めしました。無事に届きますように。

どんなお客さんが来られるんだろう。遠くの誰かが白線文庫の本を手にとってくれる、考えるだけでワクワクしてしまいます。楽しんでもらえるといいなぁ。

女子の古本市は、24日(金)、25日(土)、26日(日)です。
来週末、関西方面の方は、ぜひ、海文堂書店へ。
[PR]
by hakusenbunko | 2011-06-19 13:16 | イベント

女子の古本屋、古本市に参加します

d0156150_14225487.jpg


6月24日(金)、25日(土)、26日(日)に神戸の海文堂書店で開催される、「女子の古本屋」による女子の古本市に参加させていただきます!

この古本市は、岡崎武志さんの『女子の古本屋』という本の、文庫版刊行記念で開かれるイベントです。なにを隠そう私も、白線文庫が始まる前、まだ大阪に住んでいた頃、タイトルに惹かれてこの本を手にとっていたのでした。女子も男子も、古本や古本屋に興味のある方はすごく楽しめる内容です。興味のなかった方も、読み終わる頃には古本屋に行きたくなっているはず。まさか、そんな本のイベントに参加させてもらえる日がくるとは…。そして、白線文庫は今回が古本イベントへの初参加。2月に夫の実家のある大阪に帰省している時に、トンカ書店の頓花さんにお誘いいただいたのです。嬉しいなぁ。私は残念ながら当日会場へ行くことはできませんが、みなさまに楽しんでいただけるよう、じっくり本を選びます。お近くの方は、ぜひとも、足をお運びください。
[PR]
by hakusenbunko | 2011-05-30 15:24 | イベント

本日、朗読会です

本日5月12日(木)は、白線文庫にて詩の朗読会開催のため、通常営業を16時までとさせていただきます。

朗読会は19時より。18時半から、お入りいただけます。入場は無料です。雨が降ってきました。今夜は少し冷えそうです。どうぞ暖かい格好でお越しください。
[PR]
by hakusenbunko | 2011-05-12 14:54 | イベント

古本募金、ご協力ありがとうございました

5月7日で、古本募金を終了いたしました。

古本を買ってくださった方、寄贈してくださった方、どうもありがとうございました。集計したところ、79冊で30480円となりました。全額、日本赤十字社を通して地震の被災地へ募金いたします。
当初予想していたよりもたくさんの方にご協力いただき、たくさんの募金を集めることができました。本当にありがとうございます。

募金をすることも大事ですが、これからは日々のお金の使い方を今までよりももっと考えていこうと思っています。先日、お客さまと話していてその方が、大型チェーンのお店じゃなく、小さな、個人でやってるようなお店で、できるだけ買い物するようにしてるんです、とおっしゃっていました。私も、安いから、遅くまで開いてて便利だからと、どんな人が経営しているかもわからないような大きなお店で買い物するよりも、この人のお店だから、この人がすすめてくれるから買いたいんだ、というような、顔の見える思いの伝わるお店で買い物がしたい。そして、白線文庫がそういうお店になれるよう、日々、努力していこうと思っています。

→少し補足します。なんだか誤解を招くような書き方をしてしまったかなと、今朝ふと思いました。
小さなお店だから良くて大きなお店が悪い、というわけでは決してありません。大小関係なく、誠実な仕事をしているかどうかをよく見極めて、そういうお店を利用して行きたいと考えています。
[PR]
by hakusenbunko | 2011-05-11 14:25 | イベント

詩の朗読会を開きます

白線文庫で、詩の朗読会を開きます。
伝えたいことは山ほどあるのですが、つまりはこういうことです。
「詩をよむと、こころがひろがる。詩をこえにだすと、からだがよろこぶ。」
気持ちの良い風の通りぬけるような、優しいけれど力強い詩をお聞かせします。小さな音楽会に行くつもりで、お気軽にどうぞ。


白線文庫 木曜サロン
中川望詩集 「マケドニアの運転手」 朗読会

とき    2011年5月12日(木)  19時より
ところ   白線文庫
読む人  小島佳織(当店店主)  他、ゲスト1名
参加費  無料 (出来るだけ、ご予約ください。)
ご予約は店頭かこちらまで→hakusenbunko@gmail.com      


中川望 なかがわのぞむ                      
詩人。1962年東京生まれ。現在、徳島市在住。
1993年、詩集「姿勢」刊行。
1999年、詩集「風景」刊行。いずれも限定私家版。

ゲスト
http://tatsutoshi.cocolog-nifty.com/cocolog/


※朗読会と同時に詩集の販売を行います。今回の詩集の売上げは全額、地震の被災地への義援金とさせていただきます。
[PR]
by hakusenbunko | 2011-04-25 18:20 | イベント

古本を買って募金をしよう

白線文庫の古本募金。小さな規模ですが毎日少しずつ、本を買ってくださる方や持ち込んでくださる方がいらっしゃり、本当に有難いです。
ぜひ、覗きに来てみてください。
d0156150_17364333.jpg

[PR]
by hakusenbunko | 2011-04-04 17:54 | イベント