ブログトップ

白線文庫

hakusen.exblog.jp

カテゴリ:雑記( 51 )

猫とケータイのダイブ

寒いですね。ここ何日かでぐっと冷え込んできた気がします。
昨日、家の猫に頭上から飛び掛られ、まぶたを負傷しました。幸い、
傷は浅いです。危ないところだった。
そして今朝、携帯電話をトイレに落としました。ジーパンの後ろポケット
から、するっぼとん。ぎゃー。今もまだ陰干し中です。
なんでもまる二日くらいは干してから起動したほうがいいんだとか。
普段もよく後ろポケットには入れてるんです。ちゃんと用心してたのに。
寒いからってあんまり着込むと感覚が鈍くなるんでしょうか。
高校生の時、センター試験の初日の朝に試験会場のトイレに携帯を
落として以来、二回目。水没って、しない人は全然しないんだけど、
する人は何度もしちゃうんですよね。きっと私は後者なんだ。

というわけで、現在私の携帯電話は使用できない状態です。番号は
公開していないので知ってる方だけですが、大変ご迷惑をお掛けします。
お急ぎの方はパソコンのほうにメールをいただければ掛けなおします。
よろしくお願いします。
[PR]
by hakusenbunko | 2010-12-11 17:11 | 雑記

小屋のある風景

少し前ですが、連休をとって実家のある鳥取に帰っていました。

d0156150_15582060.jpg

らっきょう畑に小屋がぽつぽつと。
なんかわからないけど今でもふっと思い出す。この風景。
小屋の魅力ですか。そういえば最近、コヤ、コヤ言ってる知り合いがいたなぁ。その方、うちの近所に小屋を作ろうとしているとか。いいですね、小屋。


d0156150_15593649.jpg

d0156150_202621.jpg

大山の紅葉。白樺が美しい。ここは雪景色も素敵です。

そして今回やっと植田正治美術館に行くことが出来ました。大満足。行って良かった。作品としての写真を見る、ということと少し親しくなったような気がします。ここは本当におすすめ。
[PR]
by hakusenbunko | 2010-11-30 20:34 | 雑記

久しぶりの骨折経過報告

今日も病院行ってきました。骨折当日から4度目のレントゲン撮影。
骨折部分もずれていないということで順調に治ってきているんだけど、
まだ骨が出来てきていません。うーん。中学生の時に骨折したときは
(ヒビだったけど)3週間で治したのになぁ。齢とったのかなぁ。あと2週間
くらいあて木をはずせませんねって。長い!早く歩けるようになりたい。
傷のほうはずいぶんふさがってきました。まだ少しへこんでいるけど、
もう痛みはほとんどなくて、かさぶたが出来てきてます。
今日で骨折から3週間と4日目。右足と左足の太さが違ってきています。
筋肉ってすぐ落ちるんだね。脂肪はなかなか落ちないのに。
[PR]
by hakusenbunko | 2010-11-02 18:28 | 雑記

夜の音楽室で

昨日のSHOZO音楽室、なんとも贅沢な一夜でした。
ライブの前のトークイベントは、cafe vivement dimancheの堀内さん、
イラストレーターの福田利之さん、hacoの柑さん、という豪華メンバー。
途中少しSHOZOの省三さんの音楽室の由来の話も聞けたりして。
そして、アルトゥール&サブリナ、素晴らしいライブでした。
サブリナのパワフルで情熱的な歌声もすごく良かったんだけど、
アルトゥールの音楽に感激。音が体に染みこんでくる、というか。
才能のほとばしる演奏というのを久しぶりに聴いた気がする。
すごく嬉しい気持ちになりました。やっぱりライブはこうでなくちゃ。
生きることは、音楽をすること。っていうくらいに音楽を愛している人の
演奏を聴くと、なんだかほっとする。
私はそんな人の音楽を聴いていたい、と再確認したライブでした。
[PR]
by hakusenbunko | 2010-10-24 13:54 | 雑記

骨折日誌 10月16日(土) ほとんど晴れ

今日も病院へ。いつものように傷の処置をしてもらっているところに
院長先生が通りかかり、丁重に診察してくれる。
日にちが経つ割に腫れがひどい、とのこと。いろいろと指示があり、
いつもよりなんだか大袈裟な処置に。薬も復活しました。むー。

探していた、森鴎外の百物語。なんと早くも手に入りました。
本の神様がブログを見てくれているようです。


今日読んだ本
森鴎外  「百物語」     もちろん、面白い
幸田文  「台所のおと」  まだ途中
[PR]
by hakusenbunko | 2010-10-16 19:13 | 雑記

骨折日誌 10月14日(木) ほとんど晴れ

骨折6日目。どきどきしながら、二度目のレントゲン撮影。
折れたところの骨がずれていたら手術ですからねー、って。
どうかずれていませんように、と祈りながら順番を待つ。
結果、ずれてなかった!
とりあえず、手術はせずに様子をみるということになりました。
あぁ、よかった、本当に。今日から飲み薬もなくなるよう。順調、順調。
治療の経過が良いので、来週くらいから少し時間を短縮してお店を
開けていこうと考えています。(足を上げているのでお見苦しいですが。)
詳細決まり次第、お知らせ致します。
[PR]
by hakusenbunko | 2010-10-14 18:01 | 雑記

骨折日誌 10月13日(水) 曇時々晴れ

朝からお店の本棚をごそごそ。昨日読んだ本に出てきた、森鴎外の
百物語という話が読みたくて探す。ないなぁ、残念。
森鴎外。読みたいんだけど、どれから読むかなと決めかねていたので
やっときっかけを見つけたと思ったのにな。ま、ゆっくり探そう。
お見舞いに、と詩の朗読の録音をいただいた。なんて粋なお見舞い!
嬉しくなってしまう。午前中に本を一冊読み終わったので、午後はそれを
聴かせてもらう。朗読とピアノが交互に演奏される。聴いているうちに
すべてがひとつながりの音楽のような気がしてくる。音楽劇、というより
組曲かな。そうか、朗読は音楽なんだ。
心地良いのか、猫が膝の上でずっとゴロゴロいっている。重たい。


今日読んだ本
川上弘美  「真鶴」  暗くて、深い
[PR]
by hakusenbunko | 2010-10-13 20:42 | 雑記

骨折日誌 10月12日(火) 曇のち雨

午前中に病院へ。休み明けで人がいっぱい。少し待つ。
傷の処置をしてもらい、今日はそれだけ。点滴しなくていいって。
口の端にヘルペスが出来たり調子が悪かったので、点滴なしなのが
すごく嬉しい。傷口、早くふさがるといいな。
木曜日にまた病院に行って、レントゲンを撮る。結果次第で手術するか
しないかが決まるのです。それまで大人しくしなきゃ。


今日読んだ本
白洲正子  「遊鬼 わが師わが友」  潔い文章、潔い生き方
[PR]
by hakusenbunko | 2010-10-12 22:00 | 雑記

骨折日誌

足の痛みはほとんどなし。腫れとむくみは相変わらず。象みたいな足。
病院が休みなので今日は通院なし。明日また病院へ。
骨折とはまた別の傷が深いらしく、感染症予防のために抗生剤の点滴を
している。これがなかなかキツイ。安静にしてます。
折れたところが歪んでこなければ手術しないで治すことも出来るよう。
出来れば手術はしたくない。やっぱりカルシウムかな。日光浴もいいかなと思って陽だまりで寝転がったらいつの間にか寝ていた。
猫と一緒に昼寝。最近の日課。


今日までに読んだ本
いしいしんじ 「ぶらんこ乗り」  これ好きだなー
A.スミス 「いたずらの天才」  いたずらは、みんなを楽しませるために
[PR]
by hakusenbunko | 2010-10-11 21:23 | 雑記

山でのはなし

年に一度の那須山登山。
SHOZOさんのところの年中行事です。
白線文庫店主の夫がSHOZOにお勤めなので、
いつも一緒にいろんな行事に参加させてもらっています。

昨日は、朝から曇りと晴れのちょうど良い登山日和。
ロープウェイで茶臼岳に登り、ぐるっと廻って朝日岳へ
というコース。茶臼岳はなだらかで危険の少ない散歩程度の道。
ゆっくり歩いて今が見ごろの見事な紅葉を満喫しました。

問題は朝日岳。去年一度友人に連れられ登ったことは
あったんだけど、初心者には過酷な険しい道。
日頃の運動不足のせいもありゼェゼェいいつつなんとか登頂。
頂上のすぐ下の、切り立った崖のような場所で
コーヒーを淹れてお昼休憩にしよう。
さぁあと少し、というところでした。
通った道が良くなかったということもあるかもしれません。
手をかけた岩がごろっと動いてしまい、
左足の先に横から足を潰すようなかたちで落ちてきました。
大人の男の人でも持ち上がらないような大きめの岩。
近くにいた人たちがとっさに岩を支えてくれ
挟まれて動けなくなるようなことはなかったのですが、
左足は完全に麻痺して動かせないし、
もちろん歩くことなんて出来ない状態。
周りの人たちに抱えてもらい少し開けた場所に
移動したと思うんだけど、
その辺りのはっきりしたことは思い出せません。
意識はしっかりしていたのですが、申し訳ないやら情けないやら。
放心状態でした。霧が出てきて怪しくなる雲行き。
どうする?背負って降りるしかないだろう。
結局、何人かで交代に背負ってもらって下山することに。

病院での診察結果は、腓骨骨折。要手術。
くるぶしのところの骨が折れていたよう。
岩に当たって裂傷も少し。

山の上でこれだけのことが起こって、
骨折だけで済んだのは本当に幸運だったと思います。
もしあの時、と最悪の事態はいくらでも想像ができます。
背負って下ろしてもらうことになった時、通りかかった
山の知識のある親切な方にリュックで作る背負子の作り方を
教えていただいたことも幸いでした。
なにより嫌な顔ひとつせず背負って下山してくれた友人たち。
いくら感謝しても足りません。

山は厳しいところ。
いくら気をつけていてもなにが起こるかわかりません。

というわけで、お店はしばらくお休みです。
あしからず。
[PR]
by hakusenbunko | 2010-10-09 14:02 | 雑記