ブログトップ

白線文庫

hakusen.exblog.jp

<   2012年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ヴァンブの蚤の市 ブラッサンスの古本市

パリのお楽しみ、蚤の市と古本市です。

この日は早起きしてメトロに乗って、まずはヴァンブへ。
蚤の市は早く行かなきゃいいものがなくなっちゃうからね、
出発前にフランスと言えば、の古道具屋のご主人に
たくさんアドバイスをいただいてたので、
いろんなところで役に立ちました。
やっぱり慣れてる人に聞くのが一番。

蚤の市ではあちらこちらでお客さんが店主と交渉している姿が。
見ているだけで楽しいのだけど、
欲しいものを交渉して少し安く手に入れた時の嬉しさはまた格別。
ま、意外とあんまりまけてくれなかったりもするのだけど。

かわいい鳥の置物があったのでいくらするのか聞いてみたら、
これはずっと何年間もうちに飾ってたものなんだよ、と
店主のムッシューが嬉しそうに教えてくれたりして。
そんな話を聞いたら余計に愛着が湧くというもの。
蚤の市は単にものだけを買う場所じゃなくて、
ものを通して物語をつないで行く場所なんだな、と実感。
古いものには物語がある。特に大事にされてたものは。

蚤の市を堪能したら次はブラッサンスの古本市へ。
ここはヴァンブのすぐ近く、歩いていける距離にあります。

古本市の会場に一歩入ると見慣れた風景。
不思議なもので、本がたくさん並んでるだけで、
異国の緊張感が少し緩むのだ。

蚤の市では値札のついてない商品が多くて、
いいなというものがある度にどきどきしながら
値段を聞かなくちゃいけなかったのだけど、
古本にははじめのページの端にちゃんと値段が
鉛筆で書き込んであって選びやすい!

ただ、レジがなく、それぞれのお店で会計だから、
何件も出店してる中で買いたい本のお店の店主を
探し出すのが大変だったりもするのだけど。

ここでは店主がお店のそばに必ずいるとは限らない。
売り場の一角の小さなテーブルの上に、
生牡蠣とバケットと白ワインがのっている!
見ていると、店主さんたちのランチらしく、
楽しげにワイン片手に談笑しつつつまみつつ。
なんて優雅なんだ、パリの古本市は!

お国柄ですねー。
たとえ、どこで支払いをすればよいのやら
皆目わからない本を抱えておろおろさせられても、
このラフな感じ、私は好きです。






ヴァンブの蚤の市。
地元の人は本当に早い時間に来ているみたい。
昼前でも閉める準備を始めるお店もあった。
そして、遅くなると観光客(私たちもだけど)が増えてくる感じ。
d0156150_15292433.jpg

d0156150_1527257.jpg

d0156150_15281927.jpg

d0156150_15251458.jpg


ジョルジュ・ブラッサンス公園の古本市。
この建物の中で古本市をしている。
建物、といっても屋根だけで吹きっさらし。
元々は馬市場だったんだそう。
d0156150_15262370.jpg

d0156150_15303158.jpg

d0156150_1532145.jpg

d0156150_15312434.jpg

d0156150_15333082.jpg

[PR]
by hakusenbunko | 2012-03-19 17:43 | 雑記

PEILLON

d0156150_1453188.jpg

ニースの旅で一番楽しみだったのがここ、ペイヨンという村。

こんなふうに崖の上に民家が寄り集まるように
建てられているのを鷲ノ巣村と言って、
かつて、サラセン人(アラブ人)などからの
攻撃を逃れるため、外から見えない場所に
集落を作ったのだそう。
コートダジュールにはこういった鷲ノ巣村が
100以上もあるらしい。

ここにどうしても行きたくて。
他にもエズやサンポール・ヴァンスなど
観光地化された有名な鷲ノ巣村もたくさん
あったのだけど、写真で見たペイヨンを
どうしてもこの目で見たくなってしまったのと、
小さくて静かというのが気に入ったから。

本当はペイヨンにある一つ星レストラン付きの
オーベルジュに泊まりたかったのだけど、
残念ながらこの日は満室で予約が取れず。
また行かなくちゃね。

さて、ペイヨンの最寄りのバス停は
山の麓にあり、そこから歩いて登って約50分。
バス停へはニースから長距離バスに乗って行く。
このバスがまたいい感じで、
ここでちょっとしたハプニングが。

バスの運転手さんにペイヨンの最寄りの駅で
降りたいから着いたら教えてほしい、と
メモを書いて渡していたのだけど、
その運転手さん、なんとも陽気な兄ちゃんで
次々に乗ってくるお年寄り相手に
おしゃべりに花を咲かせている。
そして案の定、私たちの降りたかったバス停は
通り過ぎてしまうという…。

結局終点のバス停まで一緒にドライブして、
折り返し運行するからここで10分待ってて!と。
まぁ時間もあったし、バスから眺める風景も
すごくよかったし、いいハプニングだったかなー。
ありがとう、マルシコス!(後で自己紹介まで
してくれた。英語は全く話せないらしく
ここまで全部フランス語。ひやひやしたなぁ。)

そしてやっとバス停に到着。
ここからは車道をてくてく歩いて登る。
運良くお天気は最高で空気も景色もいいし
気持ちのいいトレッキング。

小一時間山を登ってたどり着いたペイヨンは
本当におとぎ話に出てくるような村だった。
石造りの家がくっついて建っているから、
村に一歩足を踏み入れると少し暗くて空気が
ひんやりして、なんだか時がとまっているみたい。
人もほとんどいないから、中世の村かファンタジーの
世界に迷い込んでしまったような気がするほど。

一通り散策して休憩したら、日が暮れないうちに
帰ろうということで来た道を引き返していたんだけど、
歩いていたら地元のマダムが車で通りかかって、
麓まで乗せてくれると言う。メルシー!
助手席にかわいい男の子と毛足の長い犬が乗っていて、
なんだかすごーく素敵!田舎の人はみんな優しいなぁ。
すれ違ったら挨拶してくれるしなぁ。

この後、麓の村からニースへ戻るのがまた一苦労
だったのだけど、その話はまた別の機会に。




マダムの運転する車。犬が私たちに興味津々。
d0156150_1911920.jpg


この道をずーっと登るとペイヨン。
d0156150_157420.jpg


下に見える村も素敵。ちらっと見えているのは線路。イタリアまで続いているローカル線。
d0156150_14515598.jpg


遠くから見ると空中に浮いているよう。
d0156150_14505261.jpg


ペイヨンの入り口。観光客らしい英国人夫婦以外、誰にも会わなかった。
d0156150_14513579.jpg


ペイヨンにいた猫。うちで留守番してるミツくんにそっくり!
d0156150_1452384.jpg


猫に誘われ村の中へ。猫の後を追って違う世界に紛れ込んでしまう、物語の始まりみたい。
d0156150_14564268.jpg


この日の服装が図らずもこの風景にぴったり馴染んでたりして。
d0156150_14593262.jpg


人の気配はほとんどない。でも住んでいる人もいるらしい。
d0156150_14585056.jpg


おしまい。
d0156150_18313654.jpg



ニースの旅はここまで。次からはパリへ戻ります。
ニースは本当に素晴らしいところ。
また必ず行くぞ、南仏。

この他にも、アンティーブにあるピカソ美術館も
とてもよかった。
[PR]
by hakusenbunko | 2012-03-17 19:58 | 雑記

murmur magazine no.15 発売!

フランス便り(まだまだあります)は一旦お休みして、
新入荷のお知らせです。

murmur magazineの最新号、発売中!
特集は「古くてあたらしい日本」
d0156150_12441814.jpg


待ってました、のリニューアル号です。
かゆいところに手が届く、というか、知りたかったこと、こんなの読みたい、と思ってたようなことがぎっしり詰まってるんです。リニューアル、大成功してると思います。自分が変われば世界は変わる、本当にその通りだと思う。変わりたい人も、そして変わりたくないと思ってる人にこそ、騙されたと思って読んでみてもらいたい雑誌です。おすすめ。

最近、私の周りでもじわじわと冷えとりが浸透してきています。一年前に私が始めた時には思いもしなかった変化。少し前までは、靴下4枚?履き過ぎだ!とばっさり切り捨ててたお方も冷えとり始めたんですって。嬉しい限り。実はフランス旅行から帰って、長く体調を崩していたのですが、半身浴をしっかりすることが私には一番効き目がありました。冷えてたんだなぁと実感。それ以来、白砂糖も前より少し控えています。旅行中に一年分くらいのお砂糖を摂取してしまったので。メリハリって、本当に大事。そして少し気にするだけで応えてくれるんですよね。自分のからだっておもしろいです。
[PR]
by hakusenbunko | 2012-03-17 12:44 | お知らせ

ニース

d0156150_17303321.jpg

d0156150_17311575.jpg

d0156150_17333480.jpg

d0156150_1745181.jpg

d0156150_17323147.jpg

d0156150_1732732.jpg

d0156150_17351272.jpg


20世紀初頭、画家たちがこぞって訪れたという、コートダジュール。光と色の溢れる美しいところでした。空と海を見ているだけでも本当にたくさんの表情がある。こんなところで絵を描いて暮らせたらそれはそれは幸せだろうなぁ。
[PR]
by hakusenbunko | 2012-03-14 17:56 | 雑記

パリの空港

d0156150_1814392.jpg
d0156150_1973070.jpg
d0156150_18151897.jpg
d0156150_18145259.jpg


パリの空港には至る所にPAULが。売店感覚でPAULのパンが買えるのです。基本的に店員さんはぶっきらぼう。そして国内線スタッフのフランス語なまりの英語が聞き取りにくくて四苦八苦。(私たちが寝不足で疲れていたのと緊張のせいかも、と今なら思えるけど。)空港にて早くもフランスの洗礼を受ける。
CDG空港からバスでオルリー空港に移動して、ここから国内線でニースへ。日本から夜中に出発してほとんど寝られないまま、ホテルに着くまで約20時間。長い一日だった!

今回は国際線で初めてJALに乗ったんだけど、至れり尽くせりのサービスで快適でした。深夜便だからか機内の暖房が強すぎて寝られなかったのだけが辛かったけど。そして機内食がスープストックトーキョーとのコラボとのこと。これはおいしかった!期待通りでした。朝食(深夜便なので着く前に朝食)が、洋食と和食を選べるのだけど、おすすめは洋食です。和食もおいしいんだけどなぜかご飯以外のおかずが全部キンキンに冷たくて。なぜ?今でもちょっと疑問。おいしかったのにもったいないなぁ。


d0156150_18485176.jpg

d0156150_18491546.jpg

[PR]
by hakusenbunko | 2012-03-12 19:16 | 雑記

3月の休業日のお知らせ

遅くなりましたが、3月の休業日のお知らせです。

金曜の定休日のほかに、
21日(水)、22日(木)、31日(土)

先月末、無事に初欧州旅行を終えて帰ってきました。パリとニースとロンドンも少し。休暇も仕入れも大充実の旅行でした。また行けるようにがんばろうっと。
帰ってみると今までだましだまし使っていたパソコンがもう限界のようで、思うように動かなくなっていました。昨日やっと新しいパソコンが届いたので、これから少しずつフランスの写真なんかもブログに載せていこうと思います。そして、仕入れた本たちもお店に並び始めています。フランスで見つけた小さな本の棚も入荷しました。どうぞのぞきにいらしてください。
[PR]
by hakusenbunko | 2012-03-10 17:55 | お知らせ