ブログトップ

白線文庫

hakusen.exblog.jp

偶然の音楽

偶然の音楽といってもなんのことはない、
ラジオで聞こえてくる音楽のこと。
最近、いまさらながらiTuneでインターネットラジオが
聴けるのを教わって、お店でラジオばかり流している。
CDで自分の聴きたい曲をかけるのもいいけれど、
ラジオから偶然に、何かわからないけどこんなの聴きたかった、
という曲が流れてくるのはまた格別。

偶然の音楽といえば、
最近読んだ本にそんなタイトルのものがあった。
ポール・オースターの「偶然の音楽」
この本との出会いにはいくつもの偶然が重なった。
うまく文章にできそうにないので、詳しくは書かないけれど。

すべては偶然のきっかけではじまる。
大事なのはその出会いに気づくかどうかということ。
[PR]
# by hakusenbunko | 2010-10-04 20:46 | 雑記

アサガオの木

d0156150_15205036.jpg


少し季節はずれかなと思ったのですが、
庭のアサガオがあまりにも元気だったので。
このアサガオ、梅の木にぐんぐん登っていってしまって
木にアサガオの花が咲いているよう。

写真じゃわかりにくいけど、木の上から下まで
紫の花がたっぷり散りばめられてとてもきれいです。
お昼過ぎまで見られます。
[PR]
# by hakusenbunko | 2010-10-03 18:21 | 雑記

お知らせ

9月23日木曜日は祝日なので営業いたします。11時より。
秋分の日。
よろしくお願いします。
[PR]
# by hakusenbunko | 2010-09-22 23:54 | お知らせ

雨の古本屋で遥かな海を想いながら本の海をたゆたう

久しぶりの雨。
こんなしとしと雨の静かな日には
お店で流したくなる音楽があります。

三善晃の「海の日記帳」
海とは言ってもひとけのない、静かな海。
ほの暗い、海の中の世界。
子供のためのピアノ曲集なのだけど、
響きがあまりにも大人びていて
美しくも哀しい。
いろんな想いが浮かんでは消える。
雨の日にはうってつけ。

こんな雨の日は、たっぷり時間を作って
一人でゆっくり本を選ぶのがいい。
ここには読書室がありますし、
すぐ近くにコーヒーのおいしいカフェもあります。
しかも今日は涼しい。なんて絶好の読書日和。
というわけで、今日みたいな雨の日は白線文庫へ、ぜひ。

d0156150_16355880.jpg

[PR]
# by hakusenbunko | 2010-09-08 16:37 | 雑記

お知らせ

9月10日金曜日、お休み致します。
よろしくお願いします。
[PR]
# by hakusenbunko | 2010-09-07 15:16 | お知らせ

残暑お見舞い申し上げます

今年の夏は暑い。那須でも暑い。
みんなびっくりの暑さです。避暑地なのに。
お盆辺りは涼しい日もあったので、
このまま秋になっていくのかなぁと
思っていたのですが、甘かった。
ここ数日また暑さが戻ってきています。

ハクセンマエでの雑貨屋出店が終了したので、
読書室として利用していただけるようになっています。
日によってはまだ少し、いや結構、暑い日もありますが、
これからどんどん過ごしやすくなってきます。
ぜひ、ご利用ください。

古本屋で本を買い込み、
買ったばかりの本を早く開きたくて
喫茶店についふらり、
という古本好きの方にぴったりの読書室です。


本を読むこと。
それはまったくひとりになるということ。

本には圧倒的な静寂がある、と
本の中で誰かが言っていた。
[PR]
# by hakusenbunko | 2010-08-23 23:19 | ご紹介