ブログトップ

白線文庫

hakusen.exblog.jp

新入荷より

d0156150_19551782.jpg


新しく、たくさんの本が入荷しています。
開高健の小説、ノンフィクション、対話集などいろいろ。
古典小説の単行本、カミュやヘミングウェイなど。
詩集も少し増えました。

本を選ぶ時、読んでおもしろいものはもちろんですが
装丁の素敵なもの、美しいものを選んでいます。
特に古い本は、佇まいの美しいものがたくさんあります。

そのもの自体の美しさに魅かれて手に入れる
本棚に並べて楽しむ
そして、ふとした時に読んでみる。
そんな読書もよいものです。

自分の本棚に並べたくなる本を見つけてみませんか。
[PR]
# by hakusenbunko | 2010-06-22 19:57 | ご紹介

初夏の装い

d0156150_11421331.jpg


新緑の美しい那須。
一年で一番好きな季節。

しかし、うちの庭では
ぐんぐん生い茂った木の葉が
白線文庫を隠していました。
これはまずい。
剪定ばさみを片手に夢中になって刈り込み。
ずいぶん視界が開けました。
となりのとなりで準備中の、SHOZO音楽室もよく見えます。


SHOZO音楽室の奥にあるhaco分室では
今日から古賀充さんの作品の展示が始まります。
楽しみ。
[PR]
# by hakusenbunko | 2010-06-12 13:14 | 雑記

新しい本棚ができました

d0156150_17434398.jpg


久しぶりの更新。
ご無沙汰しておりました。
引越しに伴い、しばらくネットが使えませんでした。

その間に
新しい本棚が完成しました。
小説を並べる棚になっています。


お店は日々変化しています。
どうぞ、見にきてください。
[PR]
# by hakusenbunko | 2010-06-09 17:57 | 雑記

ハクセンマエ

白線文庫の前には、道路に面して十畳ほどのスペースがあります。
交差点がまるごと見渡せる、ちょっとおもしろい空間です。
以前はそこが店舗として使われていたそう。
よく、あのスペースは何になるんですか、と聞かれますが
何に使うか思案中。
とりあえず現在は、作業場兼リビング。
外から見えるよなーと思いつつ、ご飯食べてたりします。
ギャラリーとして展示会や、イベント販売会とか
楽しいことを企画していければいいな。

なんでもない余白が残っていると、想像がふくらみわくわくしてくる。
ちなみに、白線文庫の「白」は余白の「白」です。
[PR]
# by hakusenbunko | 2010-05-27 22:50 | 雑記

雨の古本屋

朝から雨が降り続いた一日でした。
晴耕雨読、好きな言葉のひとつです。
外は雨、ひとり灯火のもとに文を広げて
見ぬ世の人を友とする。

雨漏りだけが気がかりですが。古い家なので。
[PR]
# by hakusenbunko | 2010-05-24 23:56 | 雑記

本の紹介を少し

d0156150_22322873.jpg
「誰もが二つの故郷を持っている。
一つは自分の生まれた国、
もう一つはフランスである。」

ジョン・F・ケネディの言葉。
そこまでは…とも思いますが、
フランスには憧れます。


白線文庫、今日で一ヶ月。
[PR]
# by hakusenbunko | 2010-05-23 22:36 | ご紹介