ブログトップ

白線文庫

hakusen.exblog.jp

アムステルダムの窓

d0156150_15571117.jpg


いつものように机の上に置いてある本を
本棚に並べる前にぱらぱらと拾い読みしていたら、
「アムステルダムの窓」という文字が目に入ってきた。
しかも旅行にも文化にも関係ないようなビジネス方向
(うちではわりと珍しいジャンルだ)の本で。

気になってその章を読んでみる。
なにしろ、アムステルダムで一番印象に残ったのが
いたって普通の、一般市民の住んでいると思しき住宅の
窓から見えるインテリアの洗練されっぷりだったのだから。

その本にはこんな感じのことが書いてありました。

アムステルダムの友人の家を訪ねた時、
運河沿いに建つその家の窓がどれも大きく、
家の内部は光にあふれ、どの部屋も通行人や
運河を下る船の乗客たちから丸見えのような気がした。
ばかげた質問かと思いながらも
「どうして窓がこんなに大きいのかね。」
と友人に訊ねたところ、採光がいいからとか
外の景色がいいからとか、そんなわかりきった理由の後で
興味深いことに彼は「部屋の中がきれいになるんだよ」
と言った。

この後の著者の自分なりの解釈というのが、
窓が大きいということは家の中でのガラスの占める
割合が大きくなる、透明なガラスは汚れが目につきやすい
ということで、すなわち部屋の中がきれいになる。
というもので、その後ビジネスの透明性の話に
つながっていく。大きく開け放たれたアムステルダムの窓が
彼には彼にとっての大きな問題であるビジネスに関して
インスピレーションのもとになったのだ。

興味深いエピソード。
でも窓に関する私の解釈は少しだけ違っていて、
それはガラスの占める割合の問題ではなく
外から見えているという緊張感なのではないかな。
緊張感という言葉はあるいは正しくないのかもしれない。
美意識、かしら。外から見える部屋の様子というのを
意識してインテリアをそして生活を楽しんでいる
という気がしたのです。

日が落ちてからトラムに乗って少し郊外にある
ホテルに戻る途中に見える、道に面した集合住宅の窓は
二階以上のほとんどの部屋がカーテンやブラインドを
上げている。程よい明るさに調節されているおかげで
中で人が動いているのはわかるけど見えすぎはしない。
優しい色の明かりがほのかに灯った薄暗いその部屋の中は
どれもこれもため息がでるくらいかっこいい。
窓から垣間見える日常の生活の一端。
生活感がまったくないというわけではなく、
(でも散らかった部屋はなかった)余計なものは
何もなくて、必要なものはちゃんとある
ミニマルな生活、という印象。あくまで外から見ただけの
希望的観測も含めた私の主観的な印象なのだけれど。

それぞれの窓が魅力的でなおかつ全体に調和している。
明かりの加減が絶妙でそれはそれはきれいで、
ずっと眺めていたいと思うような光景でした。

さて、アムステルダムの窓は私にとって
どのようなインスピレーションを与えてくれたのか。
[PR]
# by hakusenbunko | 2013-04-20 17:40 | 雑記

I amsterdam

はじめてのオランダはとにかくひたすらいいところでした。
アムステルダムを見て、世界にはこんな都会もあるのだなぁと。
街に漂う空気が都会のそれとは思えない。
せかせかした人は目につかないし、
道行く人もなんだか楽しそうな人が多い。
(観光客が多かったということもあるとは思うけど。)
トラムの中で突然子どもたちの合唱が始まったりするのだ。
みんな気さくで優しくて、とくにおじさんはすごい。
見たところ知らない人同士のようなのに
エレベーターで乗り合わせて挨拶したと思ったら
すぐに楽しげに笑いながらおしゃべりしていたりする。
その辺の人に拙い英語で道を聞いても親切に応えてくれる。
たまに内気そうな人はいてもぶっきらぼうな人には
ただのひとりも出会わなかった。

初日、スキポール空港に到着したのが夜だったから
すぐにホテルシャトルでホテルに向かったのだけど、
ドライバーさんは陽気だし、ホテルマンは親切で的確。
忘れもしない去年のニース入りの時の
使い古されたボロぞうきんみたいに疲弊した、
あの私たちは何だったんだろうというくらいスムーズ。
(いろんなところでコミュニケーションがうまくいかず、
あの時は結構ショックだった。)

英語の通じる国だから?二度目で少しは旅慣れたから?
それともオランダとフランスの国民性の違い?
理由はわからないけど、これだけで早くも私たちが
オランダを大好きになってしまったのだけは確か。
正味わずか二日の滞在だったのに
ここなら住めるかも、とすら思ってしまった。
自由で気さくで親切で笑顔の穏やかな人たちの街。
I hope to come back to here soon.


d0156150_14183424.jpg
d0156150_14182341.jpg
d0156150_1418433.jpg
d0156150_14174446.jpg

d0156150_14244370.jpg

d0156150_15431257.jpg

d0156150_15424560.jpg

d0156150_1542541.jpg

d0156150_1543456.jpg

d0156150_16325126.jpg

d0156150_16282660.jpg

d0156150_14242550.jpg

d0156150_14285189.jpg

d0156150_14415499.jpg


余談だけれど、次回からヨーロッパ旅行の際には
祝祭日に気をつけようと思った。
キリスト教の祝祭日だから日本とは全然違うし、
移動祝祭日で年によって日にちが違う。
今回、オランダでは3/29にGood Fridayに、
フランスでは4/1にEaster Mondayにぶつかってしまった。
祝日が続くのでヨーロッパ内の観光客がたくさんいたようで
行きたかったアンネの家は大行列が出来ていて諦めました。
パリでも最後の日がイースターで休みのお店が多くちょっと残念。
行く先々で松ぼっくりのような形をしたチョコレートを
もらっていて、これは何なんだろうと思っていたのだけど、
イースターの卵を模したものだったのでした。
[PR]
# by hakusenbunko | 2013-04-18 16:34 | 雑記

帰りました!

先日のヨーロッパ仕入れ旅、
アムステルダムとパリへ行ってきました。
二度目のヨーロッパは気持ちも軽く、足取りも軽く、
多くはないけどよいものを持ち帰れたと思います。

今回は古本以外にも、マップやリサイクルファブリック等
雑貨類や新刊書も。壁にかけられるものなんかもあります。
どれもこれもおすすめしたいすてきなものばかり。
少しずつお店に並べ始めています。
旅の写真もブログに載せていきます。おたのしみに。

お待たせしておりました、マーマーマガジン最新号も人気です。
今回は食特集。こちらもぜひどうぞ。

d0156150_1318115.jpg

[PR]
# by hakusenbunko | 2013-04-06 16:06 | お知らせ

ご連絡

先日、「のんびり」を求めて
いらっしゃったお客さまがありました。

「のんびり」は秋田で発行されている冊子です。
つくりもしっかり、内容も充実。
写真やイラスト、デザインもひとつひとつがいいんです。
もちろん読み物もとてもおもしろい。
秋田への愛が伝わるすばらしい冊子です。
行きたくなります、秋田。
そしてなんとTAKE FREE。
見てみてびっくりですよ、
フリーペーパーはここまできたか、と。

数に限りがありますので、見かけたら幸運
どうぞお持ち帰りください。
[PR]
# by hakusenbunko | 2013-03-24 17:14 | お知らせ

お知らせ

明日、3月17日(日)より営業を再開いたします。
みなさまにはご迷惑、ご心配をおかけいたしました。
明日よりまた、ご来店をお待ちしております。

といいながら…。もう一つお知らせがあります。
かねてから予定しておりましたヨーロッパ仕入れにより
3月27日(水)から4月2日(火)まで、休業させていただきます。

3月27日はmurmur magazine18号の発売日と重なってしまい、
楽しみにされているお客様には心苦しいのですが、
少しだけお待ちいただけると幸いです。
[PR]
# by hakusenbunko | 2013-03-16 20:07 | お知らせ

臨時休業のお知らせ

明日3月9日(土)より一週間ほど
休業させていただきます。
所用によりしばらく帰省しております。

長期休業が続きご迷惑をおかけしますが
何卒よろしくお願いいたします。
[PR]
# by hakusenbunko | 2013-03-08 22:08 | お知らせ